まくらのまっくらぁ
SHIのブログだよw日記とか小説中心v(´  ・   ω   ・  `)v
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物語が終わったとき


イヤホンをして 雨の音をなくすの

すぐに流れ込んでくる

軽快なギター ドラムの音

気が強そうな彼女の声

嫌なことがあると いつもこうして助けられた

続く願望 続く希望 続くのは後悔

きっと今なら もっとうまくやれたのに

すべて忘れ去れたら

そうしたらやり直せたかな

一つの物語が終わるたび

置いてけぼりになったような寂しさを

もう話が消えてしまったような悲しさを

現実に絶望してるんだって 気づかされる

私って どんなだっけ?

私って どうやって生きてきたっけ?

これからも どうやって現実を受け入れて行けばいいのかな

現実に戻った私は 深夜の静寂の中

ひっそりと耐えている

SHI

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学



好きな音楽を聴いて

好きなことが出来れば

それで良いじゃん?

気づいたら

世間との溝を越えようとして

空渡船なんて作ってた

でも もうお終い

だって あれは蜃気楼なの

このまま渡ったら

空渡船の燃料なんて すぐ切れちゃう

実体の無い世間なんて あきらめて

独りぼっち この崖に囲まれた荒野

私が居なくなったら消えちゃう ちっぽけな荒野に

ずっと押し込められてるしかないんだよ

消えても誰も気にしないけど

私は私の荒野を守ってるの

SHI


独り言

寂しいのはなぜだろう

わびしいのはなぜだろう

普段気づきもしない 擦り傷が

いっせいに悲鳴を上げている

でも 叫んではいけない 泣いてはいけない

誰かに見つかってしまうから

SHI


嘘つき


「らしい、らしい」で話は進んでいく

本当は私、何もしてないよ

被害者面した者勝ちなんて

こんな理不尽なことないよ

あの子は、なんて信じてたけど

人なんて 思うほどいいものじゃない

だってそうでしょう?

私がどうか言ったら、あなたは私を信じるの?

味方になってくれる?

ちがうじゃない。

偏見って怖いよね。強いよね。

でも、悪口でつながってる友達なんて

私たちよりずっと脆い。

せいぜい、自分が嫌われないように苦労すれば良いよ

どんなに嫌われても・・・一人になっても

私は逃げない

お前なんかに負けるもんか


SHI

ううん



ううん、また言ってる

最近 ずっとずっと苦しい

誰もが仲が悪い

幸せなんて、もう忘れた

あの子が嫌、私に負の種を持ってくる

[ううん]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。